スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9割解説と1割俺の頭ん中

いやいやいや、今回も小説の方がキリが良いんで、日記っつー事で。

じゃぁ、早速、第5章の小説の解説的なものを始めようか。
ちょっと、待ってくれ・・・・。
(苺ミルク、苺ミルクっと・・)


ほい、始めるぞ。
<勇者側>
①普通の人間になら、シャク達が別世界から来た人間だって話しても良いって事になってたから、先ず、ノアに話して、シャク達の現実世界に帰れる様にした。

②ノアに了解をもらって、シャク達は一旦、時間の方がやばいんで、現実世界に戻る。

③現実世界に戻ったら、学校で習う様な、学校の教科書にのせてある様な戦争風景になっていた。
(光の家に居たから、光の家の玄関前からシャク達は見たって事な。)

④まぁ、戦争風景になってたわけだから、何が何だか分からなくなる。
(これ、当然。)

⑤シャク達二人は数匹の魔物に追い掛け回されている人間達を目撃する。その人間の中に光の母親がテキストを持って混じっていた。
(テキスト→シャク達が異世界に行くのに、光の母親が邪魔だった為、光がテキストを買って来て言ったもの。)
※世は、時間稼ぎ道具。

⑥目の前で光の母親が食われる。殺される。→光がショックのあまり気絶。

⑦ちょっとして、冷愛の悲鳴が聞こえる。彼女も又両親が魔物に殺される。→光と同様な感じに陥る。
※天使ラーも居る。

⑧シャクはレイアとラーに会う。
(ラーは異世界でヒカルと喧嘩染みたことになり、現実世界に逃げていた。第1章?の時にレイアが天使を見ることが出来るって思ってたから、愚痴りに行ったんだよ。)

⑨魔物が何故、現実世界を制圧しているのかは、天使ラーの存在が魔族側にバレていたから。
→スピアッジャの浜町から漁に出た際の戦闘で、天使ラーの存在がばれた。魔物が魔王側に報告。
ラーのせいで現実世界が破壊されたので、ラーは責任を取ると言い出す。
→女神様に直してもらおう!=異世界にGO!&レイア加入。

⑩異世界に戻ろうとしていた際に魔物を指揮していた謎の暗黒騎士に攻められる。
→天使ラーがありったけの力でシャク達を異世界に飛ばす。

ざっとこんなもん。
で、魔界側は・・・・

<魔界側>
①部下から、天使を発見したと言われる。=勇者発見!

②何とか勇者を抹殺したい。
そんな時に新入りの部下(=キルラー)登場。
彼女の実力を把握したいが為に、滅神王弟ヘンリは彼女に人間界の三大陸を制圧しろと命じる。

③キルラー→人間界1大陸制圧。
大悪魔神官アプフェル(ヘンリ側)→残りの2大陸制圧。
※アプフェルが制圧した大陸から人間を一人捕獲。

④捕獲した人間を人体実験する。=ヘンリとカルコス(勇者の身元を粗方突き止める)
しかし、脱走。

⑤ヘンリは捕獲した人間の意図を知っていた。
人間→故意に捕まり、内部から滅界(魔界)を破壊する。

⑥人間捕獲。本当はすぐに殺すところだが、この人間の強さが滅軍に幸運を齎すであろうことから、カルコスによって洗脳される。=人間、暗黒騎士へと変わる。

⑦暗黒騎士、多くの魔物を従えて勇者達がやって来た現実世界を制圧。


ざっとこんなもん。
で、登場人物をざっと説明ておく。

*シャク→勇者。(フォース:戦士)一人称は俺。よく居る男子高校生。身長は176.3cm。髪は赤。目は黒。17歳。

*ヒカル→勇者の親友。(フォース:魔法使い)一人称は俺。無口。無愛想。クール。身長は176cm。髪は金。目は黒。

*レイア→よく居る女子高校生。一人称はあたし。お喋り。五月蠅い。身長は158cm。髪は水色。目は黒。

*ノデリアストレット・アシュインテレサンテ(ノア)→陽気な手品師。(フォース:手品師)一人称は色々。妹が居る際は俺。陽気。お馬鹿的な時がある。兄馬鹿。身長は175.9cmくらい。髪は茶色。目はエメラルドグリーン。 17歳。

*滅神王(兄)ローレライ→馬鹿な魔王。優しい。ヘンリの兄。一人称は私。身長は180cmくらい。髪は白。肌は薄い紫。目は赤。紳士服を着ている。210000歳。

*滅神王(弟)ヘンリ→真面目な魔王。ローレライの弟。一人称は俺。身長は180.4cmくらい。眼鏡をかけている。深緑のネクタイと白いカッターシャツ、ベスト、黒いスラックス。髪と肌、目は兄と一緒。絶望的な機械音痴。200000歳。

*大悪魔神官カルコス→ローレライの部下。リンネルの兄。真面目。一人称は俺。身長は148cm。白衣を着ている。髪は青黒い。220000歳。

*大悪魔神官リンネル→ヘンリの部下。カルコスの妹。一人称は私。身長は149cm。カルコスと同じ髪の色と服装。生まれて一度も笑った事が無い。声に感情が無い。無表情。無口。カルコスに似ている。190000歳。

*大悪魔神官アプフェル→ヘンリの部下。一人称はボク。身長は177cm。陽気。残酷。みんな大好き。強い相手と戦うのが好き。一度はヘンリと戦ってみたい。林檎が大好き。200000歳。

*研究員キルラー→新たに滅軍に入った人間女型の魔物。一人称は私。身長は150cm。髪はブラックチョコレート。赤い縁の眼鏡をかけている。白衣。スケッチブックを持っている。魔法陣が得意。180000歳。


<小説内単語>
・滅神王→いわゆる魔王のこと。(今回は魔王が二人設定)
・滅界→いわゆる魔界のこと。

<字間違えじゃないぜ!>
・カルトス→本当は「カルコス」。だが、ローレライとキルラーがわざとカルコスの事をカルトスって呼んでるだけ。
・ヘンリー→本当は「ヘンリ。」。だが、アプフェルとローレライ、キルラーが故意に呼んでいるだけ。


まぁ、こんなんかなぁ~・・・・、意外と説明してないもんが多かったな。悪ィ、悪ィ。


それよりさ、今、俺の頭ん中はお花畑が広がってるぜ!!!
いや、今まで花畑じゃなくて、荒廃してたんだけどさ、何なんだろうな・・・・。
理由はあんだけど、まぁそれは又今度話す。
てか、御手洗団子食いたくなったぜ・・・。
よし、買いに行こう。

おっと、次は「魔界側パロディー」の話だかんな!
本編とごっちゃにならない様に頼むぜ。

じゃぁ、御手洗団子、買いに行って来る。




スポンサーサイト
2014-11-13 : 日記 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

十二仙 百露

Author:十二仙 百露
性別:女
年齢:18
身長:158cm
血液型:AB
誕生日:9月12日
好きな食べ物:甘い物
嫌いな食べ物:苦い物
趣味:小説、書道、絵を描く、模写、ゲーム、ゲーム実況見物

 

アクセスカウンター

本棚

【異世界のイストワールⅠ】
プロローグ
1章2章3章4章5章
6章7章8章9章

~番外編~
Happy Halloween !! . 2014

---------------------------------
【勇者の特権を取り戻す為に俺は魔王を復活させ、無限ループを繰り返す。】


★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★
ウィンドウは新規で開きます。

月別アーカイブ

12  11  03  02  01  12  11  10  10  01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。